施工管理として採用されたいなら転職の理由をよく考えるべし

施工管理の職で採用されるための転職理由を考えるコツ

施工管理として採用されたいなら転職の理由をよく考えるべし

ヘルメットを持つ人

転職の理由は必ず聞かれる

正社員としての応募であろうと、派遣社員としての応募であろうと、転職をする場合は面接時に必ず面接官から、前職を辞めた理由を聞かれます。何も考えずに適当なことを伝えると、採用されない可能性が高いです。そのため、面接担当が納得のいく内容を予め考えておきましょう。

男女

やる気を見せよう

施工管理のお仕事はとてもハードです。たとえ経験があまり無かったとしても、やる気があることが伝われば面接担当は採用してくれるはずです。転職理由は、やる気を前面に出した内容にすると良いでしょう。

男性たち

転職理由はポジティブな内容で!

「給料が安かった」「人間関係がイヤになった」というような、ネガティブな内容の転職理由を伝えると、マイナス評価になってしまいます。たとえそれが本当だとしても、正直にネガティブな内容で伝えるのではなくポジティブな内容に置き換えるようにしてください。

土木作業員と施工管理の違いもしっかり把握

土木作業員

工事現場で土砂を運搬したり、重機を操作するなどの業務をする職業です。経験を積めば、現場監督として働くこともできます。

施工管理

建築の工事が納期までに完了できるよう、管理する立場の職業です。この職業に就くためには、「施工管理技士」という国家資格が必要になります。

広告募集中